テーブルトップ超音波解析装置 SmartSAT CT

SmartSATシリーズ4号機『SmartSAT CT』を開発
ご好評を頂いておりましたコンパクトで高精度な機構部はそのままに、波形解析部を2Gsps/12bitという業界最高クラスにアップデートした『SmartSAT CT』を開発いたしました。
大容量・高性能PCにて保存された波形データを用いて、超音波映像装置の業界では初となるX線CTのようなXYZ断層解析を実現します。最先端ハードウェアとソフトウェアによる超音波解析の新次元をご提案します。
テーブルトップ超音波可視化装置 SmartSAT Next 装置写真
新機能
  1. MILAI(Multi-Layer Imaging)[1度のスキャンで1000階層以上の同時撮像・解析に対応]
  2. 2GSps/12bitによる全波形取込を行なうと、以後波形取込を繰り返すことなく解析が可能
特長
  1. 2GSps/12bit高速AD変換による全波形取込を用いて、業界初となるXYZ矢視のCT解析に対応
  2. 900MHz (-3dB)のアナログ帯域と12bit分解能により高周波超音波アナログ波形を忠実に再現
  3. 高周波超音波対応(周波数5~250MHz)
  4. 超音波スキャナは検体サイズに合わせて豊富なサイズをご用意
  5. ワイヤレスジョイスティックによる簡単な調整が可能

パワーモジュールの写真・撮像範囲

パワーモジュールの検査動画

新製品 「テーブルトップ超音波解析装置 SmartSAT CT」によるパワーモジュールの全波形取込の検査動画です。
SmartSAT CTでは、Aスコープ波形のリアルタイム表示をしながらデータ取得が可能です。これによりデータが正常に取得できない不具合やワークの設置不備などの確認が容易に行えます。

パワーモジュールの内部SAT画像(2階層同時撮像)

パワーモジュールのXYZ解析動画

新製品 「テーブルトップ超音波解析装置 SmartSAT CT」によるパワーモジュールのMulti-Layer Imaging解析動画です。
2Gsps/12bit高速AD変換による全波形取込を用いて、業界初となるXYZ矢視のCT解析に対応します。
従来波形解析が困難であった薄層・服装構造の検体であっても、複雑で煩雑なゲート調整は必要ありません。
検体表面から検体底面まで全ての領域をサンプリングして、詳細な階層確認が可能です。